COLUMNピカパカBTMコラム

出張の際に元気に乗り切るために!食事で気を付けるべきポイント

2023.08.07


 

出張の際に元気に乗り切るためにも 気を付けるべきポイント

「健康は食から」と言いますが、これは出張中でも当てはまることです。
忙しくて、つい適当なもので食事を済ませてしまいがちになることもあるかもしれません。
しかし食事を少し気をつけるだけで体のコンディションが変わります。
そこで、今回は食事選びの際に覚えておきたいポイントをお伝えします。


 

脂っこいもの、冷たいものはできるだけ避ける



胃に負担がかかる脂っこい食事はもちろん、体を冷やす冷たい食べ物はできるだけ避けるようにしましょう。

冷たい食べ物を食べすぎると体温調整に関わる自律神経が乱れてしまい、疲れやだるさの原因になると言われています。
できるだけ脂っこいものは避け、体を温めてくれる食べ物を意識して口にするだけで、体のコンディションは随分良く保てるはずです。
 

 

おいしいものを食べる


何かとストレスが溜まりがちな出張中。好きなものを食べたり、その土地ならではのおいしいものを食べるのはストレス解消に大変効果的ですよね!
栄養バランスなどを考えると毎食好きな物ばかり食べるのは考えものですが、1日の終わりや出張最終日など、頑張った自分へのご褒美に好きなものを楽しみましょう。
ただし、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を・・・!
 

 

水分補給はこまめに


 

水ついつい「忙しいから・・・」と水分補給を怠っていませんか?特に冬場は汗をかかず、喉の渇きをあまり感じないという人も多いのではないでしょうか。
ですが、自覚がなくても呼気や皮膚から体内の水分は少しずつ失われています。

良い体のコンディションを保つためには、喉が渇く前にこまめに水分補給することが大切です。
いつでも水分補給ができるように、鞄にペットボトルのお水を入れて持ち歩きましょう。



 

酸っぱいものを積極的に食べる



疲れている時に、無性に酸っぱいものを食べたくなることはありませんか?
酸っぱい食べ物には“疲労物質”である乳酸を排出してくれるクエン酸が多く含まれています。
そのため、疲れを感じた時に体は自然と酸っぱい食べ物を欲するのだそう。

朝食時にキウイやグレープフルーツなど、フレッシュな果物を食べたり、お酢や梅干しなどを使った料理を積極的に取り入れると良いでしょう。
 


 

まとめ

いかがだったでしょうか?
どんなに忙しくてもできる限り食事を抜かないようにするのも大切なポイントです。
隙間時間にサクッと食べられるものでいいので、何か口にすることは大切です。
その中でも、菓子パンやスナックではなくバナナや飲むヨーグルトなど、できるだけ腹持ちが良くて体に優しいものを選ぶと良いでしょう。
 

 

■記事運営

ピカパカBTM編集部

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。・。*・。*・。*・。*・。*・。
国内出張も海外出張も、
クラウド型法人出張サポートサービス「ピカパカBTM」にお任せください。
「ピカパカBTM」の強みや特徴については、こちらから確認ください。
資料請求やデモ画面利用のご依頼等はこちらからお問い合わせください。
 

CONTACTお問い合わせ・資料請求

ピカパカBTMについてのお問い合わせ・資料請求は、
お問い合わせフォームより承っております。

ピカパカBTMをより理解する

ピカパカBTMをより理解していただけるように、
様々なコンテンツを用意しております。

お問い合わせ
資料請求