COLUMNピカパカBTMコラム

海外での正しい名刺交換の仕方

2023.08.25

 

海外の方との名刺交換で気をつけたいこと

ビシネスシーンで初対面の方に必ず行うことは、「挨拶」と「名刺交換」です。
海外でも行いますが、初対面の際に好印象を持ってもらいたいのは当然のこと。
今回の記事では、海外の方と初対面の挨拶をする際に、気を付けるべきポイントをご紹介します。

      

いきなり名刺を差し出さない



日本のビジネスマンが注意したいのが名刺を渡すタイミング。日本では初対面の方と会ったら、まずはお辞儀をして名刺交換、そして自己紹介・・・という流れが一般的ですが、海外ではまずは何よりも名乗りながら握手をするのが一般的です。
初対面の方と会ったらまずは握手。それから自己紹介をして少し会話を楽しみましょう。名刺の交換はお互いに自己紹介が終わってから、また場合によっては商談の最後に行われることもあります。

 

 

相手の名前の発音を確認する



相手の名前を覚えることはコミュニケ―ションの基本ですよね。ですが、海外の方の名前の中には発音が難しく
「うまく聞き取れなかったけれど、あとで名刺を見てしっかりと覚えよう」と思っていても、頂いた名刺に記された名前を見るだけでは発音が分からないこともしばしば・・・。
日本人の感覚では「相手の名前を何度も確認するなんて失礼なんじゃないか・・・」と思ってしまうかもしれませんが、
むしろ相手の名前を正確に知り覚えようとする姿勢は好印象を与えてくれることも。
後々改めて聞きづらい相手の名前だからこそ、初対面のうちに発音やアクセントの位置をしっかりと確認しておきたいですね。
     

 

適度なアイコンタクトを心がける



日本では「相手の目をじっと見るのは失礼」とされる文化がありますが、海外、特に欧米ではその逆。
むしろ相手の目を見て話ができないと「信用できない人だ」と思われ、一生懸命話してもインパクトに欠けてしまうことも。
特にはじめの自己紹介の時は、しっかりと相手の目を見て、笑みを浮かべ、力強い握手をしながらの挨拶を交わしましょう。
 
     


笑顔を大切に!


 

相手に好印象を与える世界共通のポイント、それは素敵な笑顔です!
外国語があまり流暢ではなく、うまく話すことができなくても、笑顔が素敵な方は自然と好印象を持ってもらいやすいものです。

 

握手はしっかりと



「名刺交換よりもまずは握手」と述べましたが、握手をする際に非常に大切なポイントがあります。それは、相手の目を見ながら手をしっかりと握ること。
相手としっかり目を合わせない握手や、ただ手を差し伸べるだけのような握手では「なんだか信用できない人だ…」と相手に悪印象を与えてしまうこともあります。
ただし、なかには男性が女性に握手を求めるのはマナー違反とされる国もあるので、迷った時は相手の女性が握手を求めてくれるまで手を差し出さない方が無難かもしれません。


 

おわりに

いかがでしたか?
どれも少しの心がけで、すぐ簡単に取り組めるものです。
今回の記事を参考にしていただけたら、幸いです。
 


 

■記事運営

ピカパカBTM編集部


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。・。*・。*・。*・。*・。*・。
国内出張も海外出張も、
クラウド型法人出張サポートサービス「ピカパカBTM」にお任せください。
「ピカパカBTM」の強みや特徴については、こちらから確認ください。
資料請求やデモ画面利用のご依頼等はこちらからお問い合わせください。
 

CONTACTお問い合わせ・資料請求

ピカパカBTMについてのお問い合わせ・資料請求は、
お問い合わせフォームより承っております。

ピカパカBTMをより理解する

ピカパカBTMをより理解していただけるように、
様々なコンテンツを用意しております。

お問い合わせ
資料請求